美容師のドラマで勉強 

ドラマに出てくる名台詞(名言)を自分なりに解釈しながら毎日ドラマとにらめっこ!

お母さん、娘を辞めていいですか ? カルテット ワンピース 家族を考えてみる

こんにちは!

 

波瑠さん主演のNHKドラマお母さん、娘を辞めていいですか?

 

f:id:moritoki0829:20170303212845p:plain

 

実はこのドラマ僕は観ていません。しかし、最近では『家族』のテーマが凄く多い気がする。嘘の戦争、カルテット、そして国民的人気漫画ワンピースにも同じような共通点があるように感じる。

 

 

お母さん、娘を辞めていいですか?では「分かり合えるのは結局家族なのよ」という言葉。今の時代本当にそうなのだろうか?親子関係の結束の脆さを露呈する様なテレビドラマも多くない。

 

 

カルテットでは満島ひかり演じるすずめが血の繋がった父が死の間際だと言うことを知らされ病院にお見舞いに行くか迷う。その父親はもう20年も会っていない。

 

 

昔、超能力詐欺事件を起こして父親は逮捕された。それを一緒にやっていたのがすずめ。その過去をカルテットのみんなに知られたくなくて。そしてすずめはやはり父親を憎んでいた。

 

 

 「怒られるかな?家族だから行かなきゃダメかな?」と家族だからって死の間際だから許せるのか?そんな疑問でした。すずめは父親が亡くなったと聞かされても会いに行くことはなかった。結局死んだ父でさえ、許せなかったのだ。

 

 

スポンサーリンク

 




 

 

 

嘘の戦争はどうだろう?ずっと父と確執を抱えていた娘のかえでは、草なぎ剛演じる偽名のコウイチを好きになる。その好きになったコウイチは天才詐欺師でかえでの父親に近づくためにかえでと恋人になった。

 

 

コウイチのおかげで一旦は確執が消えたかに見えたが、コウイチが嘘をついてかえでに近づいた事を知ったり、父親の過去を知った事でまた父親のことを嫌いになってしまう。病院で入院している父親に向かって「絶対許さない」という言葉もあった。

 

 

死に際の父に放った言葉としてはかなり重い言葉だろう。でもあのドラマでいうとかえでは本当に死ぬ間際になったら許してしまう性格なのだろうか?家族に対して本当に死ぬ間際になれば優しくなれる人もいるだろう。

 

 

では最近ではワンピースでも同じような内容があった。ルフィーの仲間のサンジだ。サンジは海のレストラン、赤足のゼフのお店で小さな頃から働いていた。しかしサンジは強大な力を持つヴィンスモーク家の三男だった。サンジは能力が低く父親や兄弟たちに無下にされヴィンスモーク家を出た。

 

 

ヴィンスモーク家が4皇のビッグマムと手を結ぶための政略結婚のために再開する。しかしその式の前に政略結婚も何もかも嘘でヴィンスモーク家を滅ぼしてジェルマ66の武力を手にするためだけの嘘の結婚式だということを知る。

 

 

 それを知ったサンジは憎んだ家族を捨てて逃げればいいのだが、心優しいサンジは憎んだ家族でも死ぬとわかっていて見捨てられない。家族だからあいつらを助けたいとなる。

 

 

ここはすずめとサンジの大きな違いだ。憎んだ相手でも家族だから助けたくなるのがサンジ。死ぬ間際の父親だろうが憎んだ相手を許せないのがすずめ。

 

 

どちらが正しいとは思わない。どちらとも正しいと思う。一昔前だったらサンジの行動が正しいと言われがちではないだろうか?しかし今のご時世そんな生ぬるくもないような気がする。憎んだ相手は憎んだまま死んで行く。

 

 

そうそれがカルテットのすずめちゃんだ。

 

 

この家族の問題はかなり難しい。

多分答えは出ない。。。

 

 

 

 

 

A LIFE に観る恋愛感情の移り変わりと嫉妬心

こんばんは!

 

やっと観ることができた先週のA LIFE〜愛しき人〜。今回は14歳の少女が乳がんになってしまうというお話。そんなことあるんだ、、、そんな感じで見ていましたが僕はそれ以上に気になった言葉がありました。

 

 

手に入らないなら

いっその事無くしてしまえばいい

 

 

気持ちが自分にないのなら

いっその事死んでしまえばいい

 

 

 

壮大が深冬先生を愛しているからこそしてしまう嫉妬。それは沖田がアメリカに行く前からあった感情。しかし沖田がアメリカに行って研修を行なっている間に深冬先生と結婚。それで深冬先生は自分のものになったと思っていた。

 

 

しかし沖田が帰ってきたと同時にその自信は一気に失墜する。沖田と仲良くしている姿を見て湧き出てくる嫉妬心。それは自分の妻なのにという優越感があるからこその嫉妬心。それはとても醜く可哀相なものだ。

 

 

そして悪気がない深冬先生も壮大の前で沖田の話をする。そしてまた嫉妬心が強くなる。負の連鎖のようにつながる嫉妬心。

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

 

Back to the Basics 

 

 

 

可能性が0でないなら追求すべき

 

 

 

大丈夫だ

絶対にここに戻すから

 

 

深冬先生が一番欲しかった「大丈夫だ」をやっと言ってくれた沖田。二人は昔、恋人だった時のように手術の練習を続けた。その場面を見ていた壮大。沖田はオペの方法が見つかったと壮大にも知らせる。

 

 

気持ちが自分にないのなら

いっその事死んでしまえばいい

 

 

その気持ちが強くなって行く一方で壮大は嬉しさと苦しさの気持ちが入り混じり葛藤している。そう、それこそまさに嫉妬心からくるもの。

 

 

深冬先生が脳に腫瘍を抱えていることを全体会議でバラしてしまう。脳に腫瘍がある深冬先生のことを知っていて、外科的手術をやらせていた副院長、壮大の責任問題だと顧問弁護士の榊原が全体会議で報告する。

 

 

 壮大にとってはかなり予想外の事態。そしてそれは沖田にとってもそうだった。深冬先生の腫瘍の手術はどうなるのか!?!?

 

 

 

 

そして沖田の父が倒れてしまう!?

 

非常事態に沖田はどう対応するのか、これから最終回に向かって怒涛の展開!!!

 

 

moritoki0829.hatenadiary.com

 

moritoki0829.hatenadiary.com

 

 

moritoki0829.hatenadiary.com

 

 

moritoki0829.hatenadiary.com

 

 

東京タラレバ娘 空っぽになってしまわないように 倫子の名言 第7話 

こんばんは!

 

ミーティングをしていたらこんな時間に。でも美容師に残業代はございません。しっかり会社のことを考えてミーティングしてまいりましたが、あまり話は入ってきていませんでしたw

 

 

早坂さんの北伊豆観光ビデオの脚本を倫子が書くことに。そしてかおりと小雪も付いてくることに。。。 

 

 




スポンサーリンク

 



いつの間にか何に対しても

否定から入る癖が付いてた

ダサいとかくだらないとか

つい頭ごなしに

決めつけるようになっちゃって

 

大事なこと忘れてた

 

 

倫子はおじさんたちに大事なことを思い出させてもらたった。

 

 

今の時代には無限の可能性がある

東京で暮らすうちに

何かを忘れてしまっていたのかも

 

華やかで刺激的で楽しい街だ

 

でも年を重ねていくうちに

新しくなくなって

自分らしさがなくなってきた気がする

このままだと透明で空っぽに

なっちゃうんじゃないかって思ってしまう

 

今ならまだ間に合うはずだから

 

 

僕もそうだ。田舎の福岡から上京して今年で10年目になる。いつの間にか何に対しても否定から入る癖、僕にもある気がする。無限の可能性がある東京で僕もたくさんの大切なことを忘れてしまった気がする。

 

 

華やかで刺激的な街で刺激的に暮らせない自分がいる。自分らしさは忘れていないはず。でも大切なことを思い出して頑張りたい。

 

 

 

私はここにいるー!

ここに来れば自分らしさが見えてくる

 

 

 

倫子が作ったメイキングドラマすごくよかった。本当に。

 

 

かおりはりょうちゃんにドタキャンされ、小雪父親に不倫がバレてやめろておけと諭される。淡々と幸せになってほしいと。

 

 

不倫は無駄なのかな?

 

セカンドも同じだけど

 

わかんない

 

わかる、わかんないて言う気持ち

 

 

確かに。。。。

 

 

そして倫子は打ち上げで大盛り上がり!

 

 

最後に倫子が早坂さんとキス!?!?!?

 

 

 

 

 

 

moritoki0829.hatenadiary.com

 

 

moritoki0829.hatenadiary.com

 

カルテット  こんな人間の人生なんかいらない 名言 第6話

こんばんは!

 

f:id:moritoki0829:20170228221711p:plain

 

今日のカルテットも良かったですね。今日は僕もすごくいいことがありました。昨日パチンコで負けた分をしっかり取り返してプラス。ありがとうエイリアン。

 

 

f:id:moritoki0829:20170228221914p:plain

 

 

怒涛のラスト3分間の紐解きから始まったカルテット。家森さんと有栖ちゃんが一緒に青いふぐりのお猿さんを探しに。その会話の中で、まきさんの楽器が高価なことを知って有栖ちゃんが別荘を訪れる。すずめちゃんは自分で足をガムテープで縛った!?その時物音が?そこで有栖ちゃんと夫さんと出くわしてしまった。それであのシーン。

 

 

 

 

 

 




 

 

逃げよう

まだ夫婦だし

 

夫さんから一連の話を聞いて夫さんにいう。そしてすずめちゃんを縛られたままにして逃げることに。でもまきさんの「ちょっと出かけてくる」に違和感を感じたすずめちゃんはダメだと首を振るが、手も足も縛られ、口も抑えられているから何もできない。

 

 

有栖ちゃんを包んで車に乗せ、一緒に逃げようと思っていたまきさんを置いて夫さんは一人で逃げてしまう。それを追うまきさん、そのまきさんを追うすずめちゃん。

 

 

夫さんがダムを下見している間に有栖ちゃんが車を奪って逃げる、追っていたまきさんとすれ違って車を交換して有栖ちゃんは家森さんのところに戻る。まきさんも夫さんを見つけて東京に帰ろうと言って運転し始める。途中で寄ったコンビニですずめちゃんに見つかってしまう。

 

 

見捨てられた感100です

 

 

すずめちゃんがまきさんに思ったこと。それでもまきさんはずっと夫さんを変わらず好きでいた。

 

 

ずっと変わらないまま好きなんだよ。

 

 

耳元で囁かれてすずめちゃんは手を離してしまう。

 

 

東京の家に帰ってきたまきさんと夫さん。今まで通りを装うまきさんだけど、それがやっぱり気にかかってしまう夫さん。

 

 

ごめんなさい

 

 

別に謝られるようなことされてないけどな

 

 

 

もう待ってないと思ってた

忘れててくれても良かった

 

だって私はまだ何も言われてないんだよ

直接言われたわけじゃないから

 

まきちゃんのこと

忘れたことない

本当に大事に思ってた

いつも

今も

大事に思ってる

だから幸せに

幸せになってほしいって思ってる

感謝してる

ありがとう

 

 

こちらこそ

ありがとう

結婚して2年、3年間

ずっと幸せだったよ

好きだったよ

 

 

 

お互いの思ってることを初めて打ち明けられた。

お互いの結婚指輪を外しあって、二人で離婚届を出した。

 

夫婦は別れられる家族

 

 

いつかまきさんが言っていた言葉がすごく心に響く。区役所もかなりあっさりとしたものだ。事務的で、作業的で、お預かりします。それだけで今まで夫婦だった人たちが赤の他人に戻るのだから。すごく儚い感じがしますね。抱擁を求めるみきおにまきさんは握手で応える。そして警察署に見送る。

 

 

 

 

離婚した感減っちゃっいますよねー

巻き戻ってる感ありません?

 

今日は出番が少なかったですがこれからどうなっていくのでしょうか?

 

 

 

実は最初から噛み合っていなかったまき夫婦。

 

こんな面白くないものを

面白いって言うなんて

面白い人だなーって

よくわかんなくて

楽しかったの

 

 次週

 

片思い、完結!?

 

最後の嘘つきは誰だ

 

 

 

moritoki0829.hatenadiary.com

 

moritoki0829.hatenadiary.jp

 

 

 



カルテット 第1章の名セリフ まきさんの名言まとめてみました

こんばんは!!

 

f:id:moritoki0829:20170222160737p:plain

 

 

先週から第2章に入ったカルテット。マキ夫婦がすれ違った過去をまきさんと夫さんがそれぞれ夫さんのお母さんと、すずめちゃんに語り出す。これまでカルテットの一人一人が見てこられたが前回はほとんどがマキ夫婦の過去。

 

 

怒涛のラスト3分。別府さんは閉じ込められ。家森さんはふぐりを探しに。すずめちゃんは捕らえられ!?まきさんは帰路に。夫さんはバイオリンを守ろうと。アリスちゃんは2階から転落!?

 

 

 

 

 

 




 

 

それではこれまでの名セリフを。。。

 

 

愛してるけど好きじゃない

これはまきさんが夫さんから言われた言葉。面と向かって言われたわけではないがかなりショックを受けた。そしてその次の日から夫さんがいなくなった。ここから始まったんです。カルテットは。

 

 

夫婦は別れられる家族

こんな寂しい言葉はない。そんな感じもしますね。確かに血も繋がってないし言ってしまえば赤の他人。

 

 

人生には3つの坂がある

上り坂

下り坂

まさか

まさかですね。そうすべてがまさかで進んでいくカルテット。上り坂と下り坂どっちも出てきています。

 

 

 

昼から食べる餃子とビールは

人類の到達点です

その通り笑

 

 

 

悲しいより悲しいのはぬか喜びです

ぬか喜びって悲しいですよね。それを身を以て言われた気がします。

 

 

 

捨てられた女舐めんな

いなくなるのって、消えることじゃないですよ

いなくなるのって、いないっていうことがずっと続くことです

いなくなる前よりずっとそばにいるんです

と別府さんには厳しいお言葉でした。

 

 

 

他にもたくさんありますが、好きなところだけ。

 

 

 

 

番外編 九条さん

寒い朝ベランダで

サッポロ一番を食べたら美味しかった

それが私と君の

クライマックスでいいんじゃない?

あんなにもダサい松田龍平に感動しました。

 

 

番外編 茶馬子

20代の夢は男を輝かすけど

30代はくすませるだけや

たまに邪魔するんですよね、夢ってやつが。。。。

 

 

 

番外編 プロデューサー

間に合ったもんが正解なの、プロは。

注文に応えるのは1流の仕事。

ベストを尽くすのは2流の仕事。

我々のような3流は明るく楽しく

仕事をすればいいの。

 

志のある3流は4流だから

 

 

仕事とは?を問いかけられる回でしたね。

 

 

さて今日のカルテットはどうなっていくのでしょうか?

とっても楽しみですね!

 

moritoki0829.hatenadiary.com

 

 

 

 



奪い愛、冬 怒涛の最終章突入 蘭が執念の妊娠!?

こんばんは!

 

奪い愛、冬。

最終章に突入いたします。蘭の狂気ぶり、康太の壊れ方、秀子の執拗な嫌がらせ、人間の汚い部分を満遍なく生々しく描き出したこの物語はとうとう最終章へ。

 

 

信と蘭の運命は!?

 

康太と光の運命は!?

 

信と光の運命は!?

 

最終回までラスト2回!!!

 

 

 

 




 

膵臓に腫瘍が!?信の体が膵臓ガンに犯されている。そしてもうすでに手術ができない状態になっている?何も治療をしなければ早くて2、3ヶ月で命が奪われてしまう。

 

 

光は康太にけじめのために話に行く。

康太はそれを受け入れる?

 

 

でも康太はやはり秀子の言った通り縁切り神社に神頼み。

 

 

こんな神社があること自体狂気w

 

 

それを見ていた蘭。

蘭は足を康太にもさすらせる。

 

 

人の不幸を望んでるわけではない。

自分たちの幸せを望んでいる。

 

 

好きだとは言ってくれた

愛してるとは言ってくれなかった

 

 

なんとも切ない、蘭と康太。

このまま奪われたままはいや。

 

 

康太は確信した、蘭の足はもう治っていることを。

 

 

人から奪った幸せなんて長くは続かない。

 

 

後輩の秀子からのアドバイス

正論ですが。。。たくさんの人を傷つけて、

そして秀子も壊れてる?

 

 

人を傷つけても正直に生きたいの

 

 

こんなかっこいい言葉あるんだ。

そんな風に感じだ光の言葉。

 

 

 

 

光に話さないといけないことがあるんだ。

そう言って信は倒れてしまう。そして病院に運ばれる信。

 

 

信はガンになったことを光に打ち明ける、あと3ヶ月生きられるかわからないと。

だから一緒にいられない、お前を幸せにできない、約束を守れないと。。。

まだ間に合うと。。。

 

 

そんなに長く生きられないなら一緒にいようよ。

何もなくていいから寄り添っていたい。

ずっと一緒、信さんの思い出とずっと生きて行く。

 

 

ヒカルは奇跡を信じると言って信に寄り添うことを誓う。

 

 

 

信の凍結した精子体外受精に成功したことを知る信。

 

ごめんね。もう会えないと光に電話で伝えられる康太。

 

お腹の子を幸せにできないと言われてしまう蘭。

 

戻った病院で置いていかれたことに気づく光。

 

 

 

信が空港に向かったことを知り、光、蘭、康太が皆空港に向かう。

一同が空港に集まる。

 

蘭さんの足は動くんだ。

 

 

まさかの真相!?

康太が500万もかけて知った情報。

 

 

まさかのどんでん返し!?

まさか!?

 

奪い愛、冬。

最終回、次はひな祭りに!!!!

 

 

 

 

こちらもどうぞ♫

 

moritoki0829.hatenadiary.jp

 

 



奪い愛、冬 蘭の狂演 名台詞集 ここにいるよ〜

こんばんは!!!

 

今回のドラマで常識を外れて狂って行く演技にいろんな感想がツイートされている水野美紀さん演じる蘭。普通の恋愛ドラマではなく、人の嫉妬心をこれでもかと生々しく描いた作品、奪い愛、冬。

 

 

倉科カナ演じる光がとっても可愛く見えてしまうとともに、少しずつ狂って行く恋人、康太を演じる三浦翔平の新たな境地にも感動を覚える。

 

 

そして元AKB48の秋元才加演じる秀子の人の弱みに付け込む人間の汚さ。そしてサッシーが喜んで見ているという秋元才加のセクシーな一面。

 

 

見れば見るほど引き込まれてしまう、奪い愛、冬。

これまでの蘭の不気味な名台詞とでも言いましょうか!?セリフを集めて見ました!!

 

 

 

 




 

一枚だけ残してたでしょう?

私削除しちゃうかも、こいつ。

 

 

二人の寝室でスライドショーの時に信に放った言葉。

削除しようとこれからあれこれする前の話ですね。。。。

 

 

クローゼットに向かって

 

じゃ〜ねぇ〜

 

 

 これも怖すぎ。

 

 

そしてクローゼットの仕返し

 

 

ここにいるよ〜

見てるよ〜

違わないよ〜

 

 

これは完全にホラーw

 

 

スパイが見張ってるよー

約束破ってるんじゃないの?

嘘ついから舌抜いていい?

 

 

バレンタインデーの日。

ここで出てきた蘭はマジでお化け以上に怖かったwww

そして

 

はい、土下座。

ここで土下座しなさいよ。

ここに土下座して自分で食べなさいよ

 

これはもう事件ですw

 

 

 

光が蘭に宣戦布告

しかし

 

あなたは前世から泥棒なのよ

 

 

こりゃ名言ですわなww

 

 

 

 

今日含めてラスト2回。

とっても楽しみですね!

そして最終回はひな祭り。

ひな祭れますかね?笑