美容師のドラマで勉強 

ドラマに出てくる名台詞(名言)を自分なりに解釈しながら毎日ドラマとにらめっこ!

タラレバ娘 満を辞しての第4出動!  カルテットの共通点!?

こんばんは!!!

 

 

とうとう倫子に幸せが舞い降りた!?

 

満を辞しての第4出動!

 

 

倫子は幸せに?

 

小雪は丸井さんとキスを!?

 

かおりは婚活を!?

 

 

しかしそこにKEYと諒ちゃんが!?

 

席がなくて相席に。。。

 

とうとうKEYがやきもちを!?

 

 

 

 




 

そして倫子は今日も奥田さんのところへ!

 

 

彼氏って言ったって他人なんだから

 

違う人間同士

そのままで上手くいくわけないんだから

寄せていかないと

 

 

小雪

すげーいいこと言う。

確かになぁ。

 

昨日カルテット見て

坂本さんの夫婦観を見てしまったから余計にわかる。。。

 

 

 

かおりは結婚相談所へ

 

小雪は丸井さんとランチデート?

 

倫子は恋愛の長続きの秘訣をネットサーフィン!?

 

 

倫子は自分の脚本家としてやっていく自信がないことを

先輩の早坂に告げる。

正直やめようかと迷っていると。。。

 

 

 

ムカつくけどやっぱあんた

役者向いてると思う

 

 

これって嬉しいですよね。

 

 

KEYの過去を聞きたいけど聞けない。

 

聞けないなら詮索すんな!

 

それでも奥田さんとのやり取りで有頂天になってしまう倫子。

 

 

好きな映画の趣味が違う。

笑いのツボが違う。

 

 

それぐらい我慢しなよ

 

それが難しいんですよね。

 

ちょっとくらい我慢や妥協しないとバチ当たるよ

 

 

相手の好みに合わせられるか?

 

僕は無理ですね。

確実に。

 

 

柔軟性と適応能力が

心底羨ましい。

 

 

倫子は彼色に染まれないんですよね。

僕と同じですね。笑

 

 

自分の好きな映画を否定されると

やっぱりしんどいですよね。

 

 

趣味が合わない倫子と奥田

 

 

趣味が合う小雪と丸井さん

 

 

かおりはマッチング率92%の相手を捨てて

りょうちゃんのところへ。

 

 

でもいい。

これも私の人生だ。

 

 

倫子はやっぱり奥田さんといるときのことを

違和感を感じ始めてしまう。

噛み合わないのだけは無理かも。と。

 

映画を否定されたことで

今の自分を否定されたみたい感じてしまう。

 

 

自分だけのものじゃないけど

一緒にいて楽しい男と

 

自分だけのものだけど

一緒にいてしっくりこない男

 

 

結婚てなんなんだろう?

 

昨日は

 

夫婦てなんなんだろう?

 

 

カルテットと似てる!?

とか共通点を感じてしまった。

 

 

 

 

病気になって余命宣告された

高校の時の先生と結婚したKEY

 

俺があなたの逃げ道になる

 

 

好きだったことを

ちゃんと伝えられてれば

 

あのKEYがたらればを。。。

 

 

KEYの過去を知ってしまった倫子。

 

 

好きになろうとして好きになるものじゃない

 

タラが言ってましたね。

 

そりゃそーだ。

それがまず間違いだった。

 

恋はしようと思ってするものじゃない

落ちるものだ

 

 

私は大馬鹿ものだ。

 

 

恋してるのに

自分だけのものじゃない

 

愛があるのに

結婚できない

 

一緒にいられるのに

噛み合わない

 

私たちはいつからちぐはぐで

不器用な生き方しかできなくなったんだろう

 

私たち一体誰に謝りゃいいの?

 

 

倫子は奥田さんと別れることに。

奥田さんのことを利用しようとしていたことを謝罪して。

 

 

はっきり言ってくれてありがとうと

最後までイケメンで爽やかだったもこみち(奥田)

 

 

 

最後の握手も

 

 

 

でも私の足は動かない

幸せを掴むはずだった私の手は

凍ったように動かない

 

 

 

ごめーん!

未来の私!

 

 

でも私たちは今を生きている。

 

 

早坂さんとキス!?