美容師のドラマで勉強 

ドラマに出てくる名台詞(名言)を自分なりに解釈しながら毎日ドラマとにらめっこ!

ごめん、愛してる 第2話あらすじ 世の中には価値の高い命がある 長瀬智也 吉岡里帆

f:id:moritoki0829:20170717001245j:plain

ごめん、愛してる

そんな風に言ってみたい。

 

前回までのごめん、愛してるは?

 

 

www.morinotoki.com

 

 

ホットドッグは売っても

自分は売るな 

 

 

 




 

あらすじ

自分の残り少ない命を知って、自分を産んでくれた母親に会うために日本に帰って来た律。しかし自分を産んでくれた母親、自分を泣く泣く手放したと思ってた母親は、豪邸に住み、自分じゃない息子のサトルを溺愛していた。

 

ジャーナリストの加賀美は律の父親の正体と麗子が律を捨てた経緯を教え、 律に復讐を促す。そんな中毎日のように日向家のの豪邸を訪れる律を見て、凛華はソウルで助けてもらった恩を返そうと律にサトルの運転手の仕事を紹介する。

 

律は履歴書を書いて麗子の元を訪れるが、平仮名ばかりの履歴書をみて麗子は呆れてしまう。チンピラに息子の命を預けられないと律を淘汰する。

 

しかし凛華の独断で1日だけバイトとして律に運転手をお願いする。そこでサトルが塔子を助けようと冷たい湖に飛び込み発作を起こしてしまう。律はそれを助け病院に運ぶ。

 

麗子は心外ながらも律を運転手として雇うことにした。その後麗子に呼び出された律は、サトルのボディガードになってくれと頼まれる。

 

世の中には

価値の高い命がある

 

実の母親に自分の弟の方が価値の高い命だと言われた律。指輪を見せて自分はあなたの息子だと言おうとしてた律も引き下がってしまう。

 

その帰りにいつものように動画を撮ろうとするが何を喋っていいのかわからなくなってしまう律。自分の存在価値・意義はなんなのかと自問自答してしまう。

 

そんな時、同じように暗い顔をして歩く凛華を見つけ声をかける。どこか遠いところに行きたいという凛華。凛華のサトルへの想いと、律の母親への想いが似ていると感じてしまう。

 

捨てられた時に一緒にあった指輪を凛華に見られそれをペンダントにしてもらう。

 




スポンサーリンク

 



また寝てしまった凛華を背負って帰る帰り道。日向家の前で凛華を背負ったまま立ち小便する律。

 

その場所に凛華の父三田垣夫(中村梅雀)が通りかかり、凛華を背負っている律を見かけて詰め寄る。すると律の首元にはあの指輪が。

 

垣夫は過去の記憶が蘇ってしまう。律と一緒に捨てた指輪をペンダントにしている男が律だと頭の中で解釈する。

 

凛華と引き離し消え失せろと律に大声をあげる。

 

さてごめん、愛してる

律の想いは、凛華の想いはどうなるのでしょうか!?