美容師のドラマで勉強 

ドラマに出てくる名台詞(名言)を自分なりに解釈しながら毎日ドラマとにらめっこ!

セシルのもくろみ名言だらけの第3話 一流の人間は孤独 プロ意識とは?

f:id:moritoki0829:20170720142527p:plain

 

スポンサーリンク

 




 

あらすじ 名言

 

編集部デスクの黒沢侚子(板谷由夏)に発破をかけられファッションライターの沖田江里(伊藤歩)が、普通のことに幸せを感じていた普通の主婦宮地奈央(真木よう子)を稼げる読モにすると言われ読者モデルとして奮闘する物語。

 

宮地のヘアメイクを担当する安原トモ(徳井義実)の言葉

 

自分の正義を通したければ

まず認めさせること

 

という言葉に奮起して読者モデルとしてトップを目指そうと決意する。

 

あんたは私を使って

成り上がるんでしょ?

私もあんたを使って

這い上がってやる

 

とファッションライターの沖田に宣戦布告する。

 

【ヴァニティ】の専属モデル2人が撮影現場で殴り合い寸前の喧嘩をするトラブルがあった。その動画が世間に流れたことによって2人が解雇されることになる。沖田はこれをものにしようと「ミヤジ改造計画」のネタを探し始める。

 

代わりのある人間なんて 

何処に居るって言うんだよ

そんな中、【ヴァニティ】のNo. 1カバーモデルをずっとやってきたハマユカこと浜口由華子(吉瀬美智子)の夫のDV疑惑が浮上する。

 

週刊誌には載らずに済んだもののハマユカの気持ちを無視した編集部やライターの言葉を受け入れられない宮地は、ハマユカである前に浜口由華子、1人の人間としての人生はないのかと気持ちをぶつける。しかし

 

ハマユカなしに

浜口由華子はないの

 

家庭もヴァニティも何も手放すつもりはない。嘘ばっかりの世界だと呆れる宮地に対して「真実がどうであれ幸せで完璧な女性として憧れられる存在であることが私が選んだ道」とプロとしての意識を見せつけられる。しかしそれさえも納得できないで居る宮地。

 

一流の人間ってね

孤独だよ

トップに立つ人間には

孤独の上に立つ覚悟がある

それが透けて見えるから

強くて美しいんだと思う

 

トモの言葉を聞いてハマユカの言葉の意味、そしてトモの言葉の意味を少し理解した宮地。自分がそこを目指すかどうかは別として。

 

嘘も虚栄も飲み込んで

完璧に見せることが絶対的に正しい

その価値観ごと変えられたりしないかな?

 

沖田の言葉が宮地とリンクする。

 

全部手に入れることないよ

足りないものを数えるより

今あるものを大切にしたほうがいいよ

 

編集長南條(リリーフランキー)の言葉にかなり重みを感じました。

 

来週は新しい専属モデルが決まる!?!?

 

 


スポンサーリンク

 



 

お勉強 名言

 

読者モデルだろうが専属モデルだろうがプロとしての世界ってとっても難しいものがありますね。プロ意識とはなんぞや?そんなことを考えさせられるセシルのもくろみ第3話でした。

 

ハマユカと宮地がプールで一緒に喋るシーン。ヴァニティ立ち上げの時のハマユカの話。背中を押してくれた夫が居るからこそ今の自分が居ると言うハマユカ。この時にハマユカは決めてしまったのかもしれない。完璧なハマユカを演じることを。

 

また来て下さいって言う息子の言葉は、ハマユカとは違う浜口由華子と言う母を見られるからだろうか?別れちゃえばいいじゃん。そんな言葉に「大丈夫だから」と返すハマユカは難しい顔をしてましたよね。演じられなくなったらハマユカは終了。母親も演じなきゃいけないものなのでしょうか?

 

家庭もヴァニティも手放さないと言い放ったハマユカでしたが、それに対して全てを手に入れる必要なはいと行った南條編集長。今あるものを大切にしたほうがいい。それはその通り。しかしハマユカは今の全てを大切にしようとしてるのでしょう。最後のカメラの前に立つハマユカを見て何かを感じたはずの宮地がこれからどのような思考でモデルを続けて行くのかに注目して観たいと思いますね。

 

 

トモの言葉はとってもわかる気がしましたね。一流は孤独。それが透けて見えるから強くて美しく見える。孤独の気持ちはどのようなものかわからないけど、孤独を感じてるトップはわかる。それを支える人が一番大切なのでしょう。

 

嘘も虚栄も飲み込んで

完璧に見せることが絶対的に正しい

 

プロ意識とはそう言うことだと思う。プロとして生きることを決めた時に嘘も虚栄も飲み込めることがプロなのだ。それはどの職業でも同じでしょう。自分の仕事にプライドを持ちプロとして仕事をすること。それはどんな状況の自分も見せない。それがプロ。

 

それが絶対的に正しい。その世界を変えたいと言う沖田の言葉と、宮地の意識がすごくリンクしている。

 

自分の正義を通したければ

まずは認めさせること

 

それがここにつながってくる気がしますね。いくら正論をふりかざしたところで、影響力を持ってない人の言葉は誰も聞いてくれない。だからこそ、まずは認められることが大事なのだと。

 

セシルのもくろみ

第3話はとても難しいお話だった気がしますね。プロとして仕事をすることも大事。そしてそれじゃない自分を出すことも大事。どれが正しいわけじゃない。どれも正しい。

 

今あるものを大切にしたほうがいいよ

 

全てはこれなのでしょう。

 

 こちらも是非。

www.morinotoki.com