美容師のドラマで勉強 

ドラマに出てくる名台詞(名言)を自分なりに解釈しながら毎日ドラマとにらめっこ!

コード・ブルー3話 命と命より大切だと思うもの 藍沢(山下智久)の悩み

f:id:moritoki0829:20170801004737j:plain

スポンサーリンク

 




 

あらすじ 名言

 

将来を期待される天才ピアニスト天野奏(田鍋梨々香)は脳の腫瘍に犯されていた。手術をすれば命を守ることができるが、指先の動きなどを司る中枢神経が集中しているところに腫瘍があり、ピアノが弾けなくなるというリスクもある。その手術を拒否し続けている奏に担当医の新海(安藤政信)は頭を悩ませていた。

 

救命には渓流で足を滑らせた料理人緒方(丸山智己)が運び込まれた。また森林で自殺を図った研究者をドクターヘリで運んでいる最中、患者が嘔吐したものによりドクターヘリが汚染され冴島が意識を失ってしまう。

 

灰谷の言葉によって、シアンが毒物とわかり研究者の患者を救うことができた。しかし男性が奥様を罵る場面を見た緒方は、そんな研究者なら越されて当然だと発破をかける。それを止めに入った緋山が緒方が後遺症で包丁を握れなくなってしまうということを咄嗟に突きつけてしまう。

 

冴島はICUで危険と戦っていた。藤川は自分の子を妊娠してる冴島を見守るしかできなかった。そんな中、男性は妻の目の前で飛び降り自殺を図る。すぐに手術に入るが、出血が多くダメージコントロールで1日待つことになる。

 

それぞれがそれぞれの大切なものを考えながらの一日はとても短いようで長い一日だった。

 

自殺しようとした男性の手術は無事成功。ダメージコントロール中に妻の言葉に対して藍沢が答える。

 

ご主人が本当に生きたがっていたかどうかは

私たちにもわかりません

ですが少なくとも身体は生きたがっていた

ダメージコントロールは

患者さんの生命力に問いかける行為です

身体が応えてくれるまで私たちは24時間待った

でも心が応えてくれるまでには

きっともっと時間がかかると思います

 

心と身体の生きたいという感情が違うのでしょう。しかし身体が生きようとすることはとても大切なことなのでしょう。そんな中、冴島が目を覚まし後遺症になるような麻痺などもなく無事だった。

 

緋山は人生を左右するようなことを咄嗟に伝えてしまったことを緒方に謝罪する。しかし緒方はポジティブに考え、自分には当てはるとは限らない。

 

起きちまったことは変えられないんだ

今しかない

だったら

今この瞬間をどう生きるかですよ

 

 

緒方のポジティブな言葉に緋山は感動する。その言葉を聞いて藤川は冴島に話に行く。妊娠してなかったら冴島に結婚したかという質問についてずっと考えていたという。改めて藤川は冴島にプロポーズをする。冴島も目を覚ました時に一番最初に藤川の赤ちゃんを考えたという。

 

シアン騒ぎの時に怖いとしか思えなかった灰谷は自分は臆病者で医者には向いていないと白石に相談する。しかし白石はダメージコントロールの時のポイントを灰谷に尋ねる。

 

臆病であること

 

臆病な一面があることでいろんな判断をすることができると灰谷に教える。臆病であることも医者の素質として必要だと伝える。それを聞いていた藍沢は灰谷のシアンの匂いを感じることができたことで患者と冴島を救うことができたという。

 

 




スポンサーリンク

 



 

勉強 名言

 

生命力に問いかける行為によって身体は生きたいと応えてくれた。生命力の話だからなんともわからないが、藍沢が言ったように心が応えてくれるまではすごく時間がかかる。それに奥さんがどこまで向き合うことができるだろうか?

 

起きちまったことは変えられないんだ その通りだと思う。しかしそれをそこまでポジティブに考えることができる人はどれほどいるだろうか?確実に少数であることは間違いない。

 

今この瞬間をどう生きるかですよ こう言ってくれたことで緋山がどれくらい救われただろう。そしてこの言葉に勇気をもらった藤川は冴島に本当の気持ちを伝えることができた。

 

自分は臆病で医者に向いていないという灰谷に対して説教をするわけではなく、臆病であることが医者としての素質としても大事だと伝えた。こんな伝え方ができる上司がいれば僕たちの業界でももっと離職率が下がるかもしれない。どの業界でも同じだろうが、向いていないと諦める人に対してそうじゃないと伝えてあげることが大切。僕もそんな上司になりたい。

 

そして今回のコード・ブルーで一番の大きな問題はここでしょう。

 

命と

命よりも大切だと思うもの

どちらかを選ばなければならない時

医者は命を優先する

命さえあれば

いつか大切なものを失った辛さをも

乗り越えられると医者は信じているから

けれど失うものがあまりに大きい時は

医者はどうすればいいのだろう

 

命よりも大切なものなんてないとは言い切れない。今日はここがテーマでした。料理人として腕が使えない、研究者として先を越された。ピアニストなのにピアノが弾けなくなるかもしれない。

 

人それぞれに恐怖や悩みがあってそれに対して医者はどう向き合うべきなのだろうかという藍沢の悩み。ここまで悩んでくれる医者がいればとっても嬉しい。僕も今右腕が使えなくなったらどうするだろう?流石に美容師は続けられない。

 

そんな悩みを真剣に考えてくれる医者は本当にいるのでしょうか?笑

 

来週のコード・ブルーも気になりますね!!

 

www.morinotoki.com

 

 

www.morinotoki.com