日大アメフト部反則行為タックル選手勇気の記者会見

f:id:moritoki0829:20180522213319p:plain

 

スポンサーリンク

 




 

結局誰が悪いのか?

 

アメリカンフットボールの定期戦での悪質な反則行為で関西大学の選手を負傷させた日大の宮川泰介選手が今日記者会見を行いました。

 

若干20歳の学生にあの会見を行わさせるのはかなり酷な感じかしましたが、しっかりとした受け答えをしてとても好感の持てる記者会見でした。

 

反則行為の悪質なタックルは、監督・コーチの指示だったとしながらも最終決断でそれを行ってしまったのは「自分の弱さ」だとする宮川選手は立派な態度での記者会見だったと思われます。

 

また、宮川選手は「アメフトをやる権利も、やるつもりもない」「アメフトはやめる」という発言をしており、ネットではかわいそうという声が上がっている。

 

日本の悪い習慣がここにきて表面化してきてしまった気がするものだ。大学では4年生は神様。そして、監督・コーチはそれ以上のものでしょう。

 

その人たちからの指示(パワハラ)であればなかなか無視することはできないでしょう。彼の弱さだったかもしれませんがそれだけじゃないでしょう。

 

もっとも監督・コーチの指示が間違いであったことは一目瞭然の会見でした。

 

 

 

 




スポンサーリンク

 



 

結局は監督・コーチの指示だったことが明らかになった会見でしたが、未来ある若者を潰した悪い大人たちが露見する形となった気がする。

 

これは日本の縮図であり、小学校、中学校、高校、大学、そして一般企業までもが同じような構図で成り立っているような気がする。

 

それが今や社会問題となっているブラック企業の問題となっているのでしょう。パワハラやセクハラが日常茶飯事になっている日本社会では良くあることなのかもしれない。

 

今回このような事件が起きたことで、また同じようなことが怒らないことを祈るのみですね。