悪質タックル問題 日大の内田前監督・井上前コーチが除名処分・永久追放

f:id:moritoki0829:20180530081539p:plain

 

スポンサーリンク

 




 

 

悪質タックル問題。

まだやっていたの?と思う方も多くいるでしょう。もうお腹いっぱいでした。

 

関東学生連盟の規律委員会による記者会見により、内田前監督・井上前コーチが除名処分となりました。

 

もちろん、それくらいの処分が下ってもおかしくないことですが、何やら大人がまとまって嘘をついていた組織がとっても気になってきますよね。日大アメリカンフットボール部からの声明文も出ており、学生たちは自分たちの非を認めました。

 

これまで内田前監督がやって来た指導が全否定される結果となったのだが、やはり古いやり方をやって来た結果なのでしょう。大人のくだらない嘘、見栄が学生の若者の将来を奪う形となってしまった。これが指導者のあるべき姿でないでしょう。

 

 日大アメフト部に蔓延していたいじめ指導「ハマる」になったのが宮川選手だった。全日本にまで選ばれるような有望な選手が一人の聞き分けの悪いおじいちゃんのせいで将来が潰されてしまった。

 

 




スポンサーリンク

 



 

結局誰が悪かったのか?

それはやはり内田前監督だった。

いきなり選手を辞めさせたり、コーチを辞めさせたりと内田前監督の独裁政治が蔓延していた。

 

しかしこれは日大だけではないでしょう。

監督が黒といえば白いものも黒となる。そんな独裁的な部分はどこにでもあるでしょう。

 

ではなぜが良くなかったのか?

それはもちろん、内田前監督が自分の指示であったことを認めなかったこと。そう虚偽の発言を続けてしまったことでしょう。

 

宮川選手が記者会見を行ったことで、どう考えても内田前監督・井上前コーチが指示したことは明らかであった。そのあとに二人で行った記者会見でも虚偽を続けたことが自らの首を絞めることになりました。

 

試合後に認めていたらここまでの事件にはならなかったでしょう。内田前監督の甘い考えがここまでの騒動にしたいというほかありません。

 

これまで守られて来た内田前監督。そして宮川選手の記者会見が行われた後でも井上前コーチが内田前監督を守ろうとした事。大人の嘘が若者を傷つけた。

 

これから先、このような事が起こらないようにして欲しいですね。