サッカーロシアW杯日本代表はなぜコロンビアに勝てたのか?

f:id:moritoki0829:20180620115907p:plain

  

スポンサーリンク

 




 

6月19日ロシアW杯の日本の初戦が行われました。

相手は前回大会も同じグループで4−1で敗北したコロンビア。日本人の誰しもが良くて引き分け、大多数が負けると思っていただろう。

 

グループが決まってからもW杯が始まってからも日本国内では何かと盛り上がりに欠けるW杯になっていた。しかし昨日のコロンビア戦、開始4分で日本人は期待に満ち溢れていた。

 

 

4年前のW杯でコロンビアとの差を明らかにされた日本代表。しかし今年のコロンビアはそこまで調子が良いと言えるものではなかった。もちろん、エースのハメス・ロドリゲスが不調だったというのもあるだろう。

 

開始4分で大迫が自陣から抜け出しシュート、キーパーに弾かれたボールは香川の元へ。香川はそれをダイレクトで強烈なシュートを放つとペナルティエリア内でジャンプしたカルロスサンチェスの伸ばした右腕でストップ、すると主審はPKを宣告し、さらにはカルロスサンチェスに対しては一発レードカードで退場処分を言い渡したのだ。確かにコロンビアにしてみればかなり辛い審判の判断だった。

 

しかし日本にしてみれば、これで道が開けたのだった。

 

日本の10番、香川真司がそのままPKを沈め開始早々先制出来たのは日本だった。逆にコロンビアは開始早々点数も取られ、人数も1人減らされてしまった。今思えばこのプレーで勝負が決まったようなものである。90分あるプレー時間の86分を11ー10で戦わないといけないという完全に数的不利を強いられたのだったから。

 

 




スポンサーリンク

 



しかしPKを決めた香川は前半の中盤くらいからどこに行ったのかというくらい息を潜めていた。そして前半38分にコロンビアが良い位置でフリーキックをえる。キッカーはフアン・キンテーロ。キンテーロの蹴ったボールは芝を転がり日本のゴールに入ってしまった。ゴールキーパーの川島が入ってないと主張したもののしっかりと入っていた。

 

ここで日本人サポーターはまたしても希望が砕かれそうになったはずだ。

 

 

1−1で前半を終了し、後半がスタート。前半とは打って変わって日本が攻め体制に入った。後半25分にPKを決めた香川とベンチスタートだったホンダが交代。その数分後に奇跡は起きた。

 

コーナーキックを得た日本のキッカーは本田圭佑。蹴ったボールを大迫が綺麗に合わせて勝ち越しゴール。日本の泥臭さがしっかりとでた1点だった。

 

その後何度もコロンビアの攻撃にあいながらも死守した日本代表がグループリーグの初戦を白星と勝ち点3点で飾った。試合後のインタビューではみんな目には涙を浮かべながら話していた。

 

 

 

しかし、ここで日本は気を緩めてはいけない。

数的優位だった86分間なのにスコアをみれば2−1。もう1点くらい取っておいても良かったのではないだろうか?

 

不調のハメスロドリゲスも後半に投入されたが、それは逆効果だったのかもしれない。1人でボールを持つと強いがそれだけでは昨日の日本代表のゴールは甘くなかった。

 

その後に行われた、セネガルとポーランドの試合ではセネガルが勝利。グループリーグ突破の1、2を争う強豪国2国が初戦を破れてしまった。次の試合でどちらかがグループリーグ敗退に王手をかけてしまうかもしれない。

 

日本の次戦はセネガル。ここに勝てば一気にグループリーグ突破が見えてくる。これでまた面白くなったW杯はグループリーグの突破でさらに日本国民を盛り上げてくれるでしょう。