大迫ハンパないはhampanaiで海を渡っていた!?世界の流行語に!生みの親は!?

f:id:moritoki0829:20180621164831p:plain

 

スポンサーリンク

 




 

 大迫ハンパないって

 

2009年の選手権の準決勝で大迫率いる鹿児島城西と滝川二高の試合後の言葉だった。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

それが面白おかしくここまで進化してしまった。

確かにあの時の大迫はハンパなかった。

10得点10アシストととんでもない記録を打ち立てたのだから。

 

当時の滝川二の監督は「俺は握手してもらった」などというほど当時からずば抜けた存在だった。

 

そんな大迫が今回は舞台を世界に変えて躍動した!

後半25分から投入された本田圭佑の左足が蹴ったボールは綺麗な弧を描き大迫のゴールへのアシストとなった。

 

絶対的に日本が負けると思われていた試合も、蓋を開けてみれば2−1で勝利。4年前の前回大会で負けたコロンビアに雪辱を果たした。

 

前半から走りっぱなしの大迫はその後足が攣ってしまい途中交代するも、彼の功労は変わらない。そしてグループリーグ突破への執念が見られた試合だった。

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 




スポンサーリンク

 



大迫半端ないって

の生みの親、元滝川二校の中西選手は現在会社員をしている。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

そんな中西さんの元へは現在取材が殺到しているらしく、取材がハンパない状態になっているのだそうだとか・・・

 

 

あれから10年が経とうとしている今、また話題となっている。

それは大迫の活躍によってはこれからも使い続けられることになるでしょう。