花のち晴れ最終話 花晴れ名言連発 音が選ぶのは晴・天馬 あらすじは?ネタバレ注意

f:id:moritoki0829:20180515232541p:plain

 

スポンサーリンク

 




 

目次

 

 

 

花のち晴れ〜前回までのあらすじ〜

 

音(杉咲花)への気持ちを断ち切れない晴(平野紫耀)は父親の提案で音の婚約者で桃乃園学園の生徒会長である馳天馬(中川大志)と武道大会で勝負することになる。

 

その勝負の理由を知っためぐりん(飯豊まりえ)は言わないと約束したが音に話してしまう。それでも音はどちらにも頑張って欲しいという。

 

そして迎えた武道大会当日。

音は天馬の応援席に永徳学園の制服を着て座る。

 

1本目は柔道。

しかし晴は早々に天馬に一本を取られて負けてしまう。

そして晴の様子がおかしい!?!?

 

 

愛莉の名言

愛莉の好きな人たちが苦しむくらいなら

恋愛なんて世界から消滅すれば良いのに

 

ちょいちょい出てくる花晴れの名言。こちらにも注目して最終話を見ていただきたいと思いますね。

 

 

 

花のち晴れ 最終話 あらすじ

 

早々に負けてしまった晴は落ち込んでいるかと思ったらそうではなかった。次の試合に向けてすぐに準備していた。

 

ほんとしょうもない

音の名言も聞けなくなると思うとさみしいものです。

 

音を襲った犯人が、天馬のいつもそばにいた近衛(嘉島陸)だったことに衝撃を受けて近衛に消えろと告げる。そして音に謝罪。

 

 

そして2本目 弓道大会

 

近衛の事実が発覚して天馬は心が荒れていた。それに気づいた神楽木は延期を提案するが、天馬はそれを阻止し試合が始まる。

 

晴は怪我の功名で4本中3本を射止める。天馬は4本目を打つ前に試合が決してしまう。試合後落ち込んでいる天馬に音が近づく。

 

天馬くんがピンチの時は

必ず私が助ける

 

近衛のことで心を乱した天馬は2試合目を負けてしまい3本目の剣道に結末は委ねられることになった。

 

神楽木に負けて欲しいはずのめぐりんも神楽木が勝ったことに喜びを隠せない。お弁当を作って晴に会いに行く。

 

自分が諦めるまで好きを諦めない

 

晴を全力で応援するために別れを告げためぐりん。

 

 

一方、音と天馬は近衛を探していた。天馬に救ってもらったところで近衛は1人立ち尽くしていた。

 

たった一度の失敗で責め続けたり

許せなかったりするのは嫌

 

天馬はあの時のように、また剣道の稽古をしてくれと近衛にお願いする。

 

 

好きな友達誘うのに

理由なんている?

 

愛莉が誘ったのはめぐりんだけじゃなく音も誘ってたこ焼きパーティーに向かった。

 

音は今の自分が宇宙一好き?

 

音の気持ちは定まらないまま帰り道、家の前で晴が待っていた。

 

もう自分に嘘をつきたくない

 

晴の口から賭けのことを音に説明した。そして約束を取り付ける。

 

 


スポンサーリンク

 



 

神楽木のまっすぐな気持ちが苦しかった

でも私の気持ちは決まってる

決まってるんじゃなくて決めてしまっている音。

 

 

そばに音がいてくれれば十分だよ

 

 

C5の他の4人はそれぞれ神楽木を勇気付けて応援する。

 

 

迎えた最後の勝負・剣道

 

それぞれの思いが交錯する

 

f:id:moritoki0829:20180626225138j:plain

 

そしてまさかのラッキーで勝利したのは天馬ではなく晴だった。

 

 

 

音との思い出は全部宝物だ

もう終わりにしよう、音

音が音らしくいるために背中を押すことだ

もう周りを気にしなくて良い

自分の気持ちに従って

ありがとう、音

最後まで僕を選ぼうとしてくれて

それだけで僕は十分幸せだよ

僕ためにも、笑って

 

 

そして音は向かう

 

 

 

あの日

あいつと出会って

 

世界が動き出した

世界が動き出した

 

たくさんの人から力をもらった

 

たくさん回り道をした、けど

たくさん回り道をした、けど

 

完璧を目指して頑張る俺が良い

と言ってくれたから

 

めちゃくちゃだけど

まっすぐ突き進む強さを教えてくれたから

 

大嫌いだった自分をほんの少し好きなれた

自分らしくいられた

あいつに会ったら何から話そ

些細だけど特別な毎日の中で

あいつとしたいことがたくさんある

 

あいつの弁当が食べたい

 

くだらない言い合いをしたい

 

あいつに触れたい

 

お腹を抱えて笑いたい

 

こんなこと言ったら笑うかな?

あいつに会ったら言おう

 

神楽木が

江戸川が

 

大好きだって

大好きだって

 

それから

それから

 

花のち晴れ 最終話 名言

 

自分が諦めるまで好きを諦めない

f:id:moritoki0829:20180626224417j:plain

とっても切ないめぐりんの名言でした。

諦められないんですよね、好きは

心に言い聞かせたって脳が求めてしまってるから。

そうなんですよね。勝手に涙が出ちゃうんですよね。

 

 

それもまた人生だよ

子供達が一生懸命考えたことなら

どんな答えでも受け止めてあげたいです

音のお父さんが帰ってきました。

子供が考えたことを一番にしてあげたい。

とても良い親ですね。 

 

 

完璧な息子しか

いらない

10点中

6点だ

これまでの最高得点!?!?

 

 

愛莉からの天馬への助言!?

あんたかっこ良いよ

失恋の先輩として言っておく

これから楽しいことたっくさんあるよ

 

 

利恵さんから天馬に向けての優しさ

負けを知ったあなたは

もっと強くなる

山王工業が湘北に負けた時の言葉に似てますね笑

 

 

音との思い出は全部宝物だ

もう終わりにしよう、音

音が音らしくいるために背中を押すことだ

もう周りを気にしなくて良い

自分の気持ちに従って

ありがとう、音

最後まで僕を選ぼうとしてくれて

それだけで僕は十分幸せだよ

僕ためにも、笑って

 

f:id:moritoki0829:20180626232046j:plain

 

これは感動しました。自分が傷ついても相手を傷つけないように。

離れていく音の気持ちを感じながら天馬も苦しい思いをしていましたね。結局めぐりんと天馬が一番辛い思いをしてるんですよね。

でも傷つかない恋愛はない。そしてその傷が癒えるくらいの新しい恋が人はできるんですよね。それを信じて・・・

 

 

 

まとめ

 

花のち晴れ〜花男Next Season〜

終了しました。

まず、なんと言っても愛莉が可愛すぎ。

さすが福岡一可愛い女の子!ありがとう笑

 

音と晴がはっきりしないために周りを巻き込んで傷つけた恋愛。

愛莉もめぐりんも天馬も、全員が巻き込まれて傷ついて悲しい思いをした。結局ずっと一途だったのはめぐりんと天馬だけ。そしてやはり一途が最後に悲しい思いをしてしまう。大人な対応をして次の恋に進むしかない。

 

でもそうやって強くなっていくんでしょうね。原作と全然違ったみたいで脚本に文句がついていたみたいですが、文句いうくらいなら見なければ良い。それが僕の判断です。

 

漫画とドラマが一緒なわけないんだから。小説読んで映画見に言ったらそりゃ違うよ。っていう感じです。

 

原作を知らなかったからこそとても純粋に観ることができました。

とても良いドラマでした。ありがとうございました。

次の夏ドラマも期待してますよー!!!