高嶺の花1話あらすじ直人プーさんの名言ラッシュ?石原さとみ峯田和伸

f:id:moritoki0829:20180712001655p:plain

 

スポンサーリンク

 




 

高嶺の花 1話 あらすじ

 

月島もも(石原さとみ)は、花道の名門「月島流」の本家に生まれたお嬢様だった。上流階級の育ちをし華道家としての才能は圧倒的なものを持っていた。

 

そして恋人吉池(三浦貴大)との結婚で幸せを手に入れるはずだった。しかし式当日に吉池がベルの女性を妊娠させていたことがわかり、結婚は取り消し。

 

それ以来ももは精神的に不安定になってしまい、吉池の周りを付きまとってしまう。父の市松(小日向文世)と妹のなな(芳根京子)はもものことを心配していた。

 

ある日、ももは自転車で激しく転んでしまい、泥だらけの自転車を引きずり商店街の古ぼけた自転車屋に飛び込んで「直して!」と奔放に言い放つ。そんなももに苛立ちもせず店主の風間直人(峯田和伸)はお客さんだからと喜んで自転車を預かった。

 

泥だらけになった時にももが借りたジャージを返しに自転車屋を訪れると、直人がお見合いをしている時だった。母親が亡くなったことを知ったり、直人の人柄を聞いたり触れたりしていた。

 

直人の見合い相手の話になり、自分もなんちゃってバツイチだと言ってももも自分の過去を洗いざらい話すことになる。笑い話だからと受け流そうとするももだったが、直人が食い下がって聞こうとした。

 

命の方が大切だもん

華も命も儚いものは大切

何よりも尊重されるべき

だから仕方ない

 

思っても見なかったももの重い過去の話をどんな顔をして聞いていいかわからない直人たち。そんなももに直人は

 

良い女だ

だって相手を嫌えない

憎めないんですよね?

そうできたら楽なのに

 

喜怒哀楽

  愛

 

自分が傷つけられた時

怒る人と

悲しむ人がいます

怒る人は憎む人です

自分は棚に上げて

相手をただただ攻撃

悲しむ人は

哀(愛)の人です

静かにただ刻を止めて悲しみます

愛と憎しみ

 

愛してたら憎まない

憎めないんです

あなたのように

 

直人の話を聞いていたみんながもものことを「良い女」だと称賛する。

 

しかし、直人はお見合い相手に断られてしまうのだった。

 

 

そして月島流の大事な行事。

ななが担当するはずだったが、プレッシャーに打ち負けてしまう。そこに代打で登場するのがももだった。

 

 

 


スポンサーリンク

 



高嶺の花 1話 名言

 

優しさに他の意味なんかある?

とっても意味深ですよね。確かにやさしさに他の意味はあるのでしょうか?

 

 

命の方が大切だもん

華も命も儚いものは大切

何よりも尊重されるべき

だから仕方ない

 こんな考え方ができる人は素敵だなって思います。

あんなことされてもこんな考え方できるなんて、やっぱりももは完璧なんですよね。

 

そして直人(プーさん)の名言がすごい。

 

良い女だ

だって相手を嫌えない

憎めないんですよね?

そうできたら楽なのに

そうできたら楽なのに、本当に愛してたからこそ嫌いになれない、そして憎めない。ももの人間性がここに出ていますよね。

 

 

喜怒哀楽

  愛

 

 

 

自分が傷つけられた時

怒る人と

悲しむ人がいます

怒る人は憎む人です

自分は棚に上げて

相手をただただ攻撃

悲しむ人は

哀(愛)の人です

静かにただ刻を止めて悲しみます

愛と憎しみ

 

怒る人はただただ攻撃

悲しむ人はただ刻を止めて悲しむ

怒哀

のなかにかなりの差がありましたね。

 

愛してたら憎まない

憎めないんです

あなたのように

 

愛してたら憎まない

憎めないんですよね。

 

そう憎めないんですよ

 

 

来週の高嶺の花は!?!?

 

 

 

直人やももの名言にも注目!!!