美容師が教える夏のヘアケア4選!紫外線ダメージに負けないヘアに!

f:id:moritoki0829:20180801184603p:plain

 

スポンサーリンク

 




 

2018年も8月に入って平成最後の8月がやってまいりました。夏本番、海やプールにバーベキューなどで皆さん忙しくしているとは思いますが、忘れてはいけないヘアケア、頭皮ケア。

 

これを怠ると秋に大変なことになり、イメージチェンジもできなくなりますよ?!!

 

 

とは言え紫外線対策を今怠っているあなたは少し手遅れになりつつあります。しかしいつからでも遅くはありません笑

だからこそ紫外線対策はしっかりとやらなきゃいけません。

 

紫外線対策と一言に言っても私たち美容師目線からの紫外線対策、そう髪の毛や頭皮について書きたいと思います。

 

 

意外と知らない頭皮

 

表皮・・・外部から刺激から皮膚を守ります。

真皮・・・コラーゲンやヒアルロン酸から成っていて、神経や血管が張り巡らされている。皮層の大部分を占め、毛髪の源となる細胞が存在しています。

皮下組織・・・主に皮下脂肪が存在しており、クッションや体温調節の役割を果たしています。

 

【頭皮の構造】

毛髪の成長には様々な細胞が関与しており、細胞が活動するためには栄養が必要です。血行が悪いとこの栄養が毛髪を作る細胞まで行き渡らなくなり、成長が止まってしまう原因になります。細胞も栄養が行き届かないと育毛する力が発揮できません。

 

 

紫外線のダメージは年中無休です

 

そもそもUVケアのUVって何か知っていますか?

Ultra Violet(ウルトラバイオレット)の略です。これにより免疫力の低下、しみ、しわ視力低下の原因になります。

 

UVにもUV-AUV-Bがあることはご存知ですか?

UV-Aとは・・・1年中日の出から日の入りまで降り注ぎ、雲や窓ガラスを通過します。皮膚深部までダメージを与えます。

UV-Bとは・・・紫外線の5%。日差しの強い夏場の直射日光に多く含まれ、日焼けや皮膚ガンの原因と考えられます。

 

 




スポンサーリンク

 



ではどうすれば紫外線から身を守ることができるのか

 

お家でできること

①頭皮、髪用の日焼け止めを使用する。

②お風呂上がりの頭皮用化粧水を使用する。

③ドライヤー前にアウトバストリートメントを使用する。

④生乾きのままにしない。

 

 

①頭皮、髪用の日焼け止めってなに!? 

 

  

 

こんなものがございます。

みなさん知らないだけで頭皮、髪は紫外線からのダメージを受け続けています。

ものによっては顔にもそのまま使用できるものもございますよ!!!

 

髪の毛の色落ちが気になる方、意外とこのスプレーを振るだけで退色を遅らせることができます。紫外線はカラーの敵にもなりかねないのです。髪の毛がすぐにオレンジ色になりやすい方には本当にオススメのものになります。

 

 

②頭皮の化粧水って!?

 

   

 

顔は化粧水やるのに頭皮は化粧水やりませんよね?実は頭皮にも保湿が必要なんです。

頭皮が保湿されていないと健康な髪の毛が生えてきません。というのも毛周期というものがあって毛穴が詰まってしまっているからです。

 

順番的には頭皮のクレンジング→化粧水

ということになります。普段お肌にやっていることを顔にしてあげることが大切です。

 

 

こう言ったものでクレンジグのち化粧水で綺麗な頭皮を目指しましょう。

 

 

③アウトバストリートメントってなに!?

 

実は皆さんがやっているドライヤー、髪の毛のダメージに繋がるんです。でも皆さん美容師さんから「髪の毛を乾かしてくださいね」って言われてますよね?

 

そう乾かすことは必要ですが、ドライヤーも熱なのです。その熱から守ってくれるのがアウトバストリートメント。

 

これは髪の毛の質によって、自分が求める質感によっていろいろなオイル(ミルク)トリートメントがあります。

 

髪の毛をしっかり保湿、重めの質感が好きな方

 

 

髪の毛は保湿したいけど重くなくサラッとした仕上がりが好きな方

 

 

オイルよりももっと保湿できるのがミルクタイプ。

癖っ毛の方にオススメ。

 

 

髪の毛にも保湿をしてくださいね。

これを付けることでお風呂上がりすぐにドライヤーをする必要もなくなります。水分バランスを整えてくれるのである程度乾いてからドライヤーをかけても問題ありません。

 

 

④生乾きにしない!?

 

そう、これはもちろん前提でのことになりますが、時間がない、面倒臭いという理由で乾かしてない方も多いはず。

 

ではなぜドライヤーで乾かさなければいけないのか?

髪の毛はシャンプーをする事でキューティクルが開いてしまいます。その髪の毛を濡れたままにしておくとキューティクルが開いたまま水分だけが髪の毛から抜け出してしまうのです。

 

だからこそアウトバストリートメントで水分の流失を防ぎ、キューティクルを整えるためにドライヤーが必要なのです。

 

しかしドライヤーもオーバードライになるまでやってはいけません。

 

ドライヤーをすると髪の毛がパサパサになってしまう。

そんな人は乾かしすぎているのではないでしょうか?

そんな人にはこちらがおすすめ。

 

 

 

どんなにドライヤーを当てすぎても絶対にオーバードライにならないドライヤー。そしてやればやるほど髪の毛は若返り、そして顔のリフトアップまでやってのけてしまうドライヤーなんです。

 

そんな魔法みたいなドライヤーあるわけないでしょ・・・

そう思った方は一度使って試していただきたいですね。このリュミエリーナのドライヤーを顔に当てるとリフトアップの効果をもたらしてくれます。

 

美容業界ではいろいろな美容器具がありますが、買って満足してしまうのが女性。そんなのは勿体ないという事でできたのがこちらのドライヤー。

 

髪を乾かすついでに顔のリフトアップもしてしまおう。という事で髪の毛のためにも、そして顔をのたるみ防止にもオススメのドライヤーとなります。

 

気になる方はお近くの美容室で聞いてみても良いかも!?笑

 

そして、

男性の皆さん、短いからと言ってタオルドライだけしていませんか?それは将来髪の毛がなくなる可能性がありますよ!?

 

 

 

今まで怠ってきた方はこちらで対処しましょう。

そして育毛だけでは対処できなくなってきてしまった方にはこちら。

 

 

www.morinotoki.com

 

 

 

インナーからもケアできる時代になりました。

しかし、これでは頭皮、髪まではケアできません。

夏本番、頭皮・髪用のUVスプレーを買うことをお薦めします!!

 




スポンサーリンク