義母と娘のブルース5話あらすじ名言奇跡の受注ネタバレギボムス

f:id:moritoki0829:20180807221316p:plain

スポンサーリンク

 




 

義母と娘のブルース

前回までのあらすじは?

 

www.morinotoki.com

 

 

義母と娘のブルース 5話 あらすじ

 

良一がみゆきと自転車を乗る練習をしている時に倒れてしまう。そしてそのまま病院に搬送される。心配するみゆきをよそに亜希子は下山のおばちゃんを呼んで病院から帰らせるのだった。

 

良一はそのまま入院することになり、病院の先生と打ち合わせをして骨折したから入院するとみゆきには説明することにした。

 

亜希子は良一の入院中に妻としての役割をしっかりと果たせていないことに気づいて反省する。しかしそんな亜希子に無理しないでほしいという。

 

また、良一は亜希子に会社に会社を休むお詫びをしに言ってほしいと頼む。しかし、そこで良一の査定を下げないためには亜希子に出勤してほしいと言われてしまう。

 

それを亜希子が良一に話したところ、良一は拗ねてしまう。「本当の夫婦」じゃないと心ない言葉を亜希子に言ってしまったのだった。

 

亜希子は良一の会社で働くことになり、今まで働いていたときと同じようにキャリアウーマンのように働き出す。そして良一はしっかりと治療に専念するのだった。

 

良一の検査結果が出る日、亜希子はプレゼンの日だった。

 

奇跡は明日

起こって欲しいんですよ

 

 

プレゼンを終えてすぐに病院に戻った亜希子だったが、病室に良一がいない事にびっくりして崩れ落ちてしまう。しかしすぐに良一が病室に戻ってきた。

 

良一が見せてくれた紙には検査結果が良かったことが書かれていた。すると亜希子はいきなり土下座して「ありがとうございます」というのだった。

 

そして良一は退院することに。みゆきの元に戻るとみゆきは大喜びするのだった。するとみゆきは良一が退院したきた時に渡す「奇跡の写真」をたくさん集めていた。

 

みゆきが今日は一緒にお風呂に入りたい、一緒に寝たいと言い出してしまう。それに対して寝るのは承知した亜希子。

 

もし僕が治っても

一緒にいてくれますか?

 

良一は治る未来が少し見えてきた。そんな時に少しだけ死ぬのが怖くなってしまう。亜希子と一緒にみゆきが大きくなるのを見届けたいと。

 

そして亜希子は思っても見なかった言葉に動揺してしまう。

奇跡の受注

 

 

 


スポンサーリンク

 



義母と娘のブルース 5話 名言

 

奇跡は明日

起こって欲しいんですよ

 

自動販売機でジュースが起こるだけの奇跡はいらないという良一。そうですよね、もちろんガンがなくなっていた方が良いですもんね。

 

でも今は

死ぬのが少し

怖くなってしまいました

 

守りたいものがあるとそうなるんですかね?とってもほっこりする場面でした。

 

 

もし僕が治っても

一緒にいてくれますか?

 

一緒にいてください。笑

 

 

奇跡の受注

 

 

次のブルースは!?