100回記念大会甲子園第11日結果 九州・北海道は2回戦で全て敗退 12日目見所は?

f:id:moritoki0829:20180815184558p:plain

 

スポンサーリンク

 




 

100回記念大会甲子園

第11日目

 

第1試合

下関国際(山口)vs創志学園(岡山)

5−4

 

近畿勢同士の1戦でしたが、両投手序盤から制球が定まらず四死球の多い試合となった。四死球から得点を許す場面が多く、創志学園の2年生エース西は初戦こそ四死球0だったものの、この試合は四死球9つと大荒れだった。被安打は3に抑えたものの四死球での敗戦といった感じに。9回もそれで得点を許す場面が見られ逆転された。下関国際は初の夏2勝。嬉しいベスト16入りを果たした。

 

 

第2試合

興南(沖縄)vs木更津総合(東千葉)

0−7

 

中盤まで0−2と持ちこたえていた興南だったが終盤に入り木更津総合の打線を止められなかった。木更津総合の先発野尻はヒットは打たれながらも要所を抑えて得点を与えず、リリーフした根本と完封リレー。木更津総合の投手陣が甲子園に来てまだ1失点と素晴らしい継投を続けている。次のベスト8をかけた試合にも注目。

 

 

第3試合

日大三(西東京)vs奈良大付(奈良)

 8-4

 

初戦で16得点を叩き出した日大三は終盤で相手を粉砕。やはり打撃力のある日大三。奈良大付も9回裏に意地で1点返したが反撃もそれまで、日大三がベスト8に進出。

 

 

第4試合

龍谷大平安(京都)vs八戸学院光星(青森)

 

甲子園101勝まで足止めを食らっていた龍谷大平安だったが、101勝目は すぐに来た。序盤から八戸学院光星を圧倒して終盤にも追加点でジ・エンド。チーム打率0.457はやはり半端なかった。次の日大三戦も楽しみな試合になりそうだ。

 




スポンサーリンク

 



第12日目見所は!?

 

f:id:moritoki0829:20180815184751p:plain

 

明日からはベスト8をかけての試合となる。勝ったチームから最抽選となる。

 

第1試合

報徳学園(東兵庫)vs愛工大名電(西愛知)

 

第2試合

二松学舎大付(東東京)vs浦和学院(南埼玉)

 

第3試合

済美(愛媛)vs高知商(高知)

 

第4試合

大阪桐蔭(南大阪)vs高岡商(富山)

 

 

第1試合には初戦で甲子園記録タイの3二塁打を放った小園率いる報徳学園が登場。対する愛工大名電は初戦の白山戦を10−0と完封勝利。勝ってベスト8に進むのはどちらだろうか?

 

第2試合は関東同士の戦い。仙台育英を圧倒した浦和学院か、昨夏準Vの広陵を下した二松学舎大付か。面白い試合になりそうだ。

 

第3試合には2試合目で星稜と壮絶な試合を制した済美が登場。乱打戦となった前の試合ではタイブレークまで持ち込んで、甲子園史上初となる逆転サヨナラ満塁ホームランでの勝利。対する高知商も初戦の山梨学院戦で乱打戦を制し、2回戦では慶応を打ち負かして来た。2試合とも二桁得点と繋がると怖い打線だ。またしても乱打戦となるだろうか?

 

第4試合には選抜王者の大阪桐蔭が登場。前試合では初出場の沖学園とは中盤まで良い試合をしていたが終盤で突き放した。王者相手に高岡商がどこまでやれるかが楽しみだ。

 

 

 これで2回戦が全て終了、北海道の2校は初戦でどちらも姿を消したが、九州勢も2回戦までで全て姿を消すことになった。

 

100回記念大会の甲子園で2校出場できた、北海道、東京、千葉、埼玉、神奈川、愛知、兵庫、福岡だったが2校ともベスト16に進んだのは日大三と二松学舎だけ東京だけ。

 

今年はどこのチームが頂点を極めるのか。。。