100回記念大会甲子園第12日結果 大阪桐蔭春夏連覇へまずベスト8 13日目見所は?

f:id:moritoki0829:20180816174058p:plain

スポンサーリンク

 




 

100回記念大会甲子園

 

第12日目

第1試合

報徳学園(東兵庫)vs愛工大名電(西愛知)

7−2

 

先制したのは愛工大名電。しかし3回に、初戦で全ての得点に絡んだ小園が振り逃げで出塁してから安打と3つの四死球で4点を取って一気に勝ち越し。愛工大名電は1点を4回に返すも5回裏に死球から安打を浴びてまたしても3失点。愛工大名電は林、木村を攻略できず反撃の糸口を見つけ出せなかった。報徳学園が8強一番乗り。

 

 

第2試合

二松学舎大付(東東京)vs浦和学院(南埼玉)

 0−7

 

浦和学院の渡邊は毎回の三振で10奪三振。二松学舎大付にチャンスを作らせず完封。打線は二桁安打で6得点。投打が噛み合った浦和学院が昨年の花咲徳栄に続いて埼玉県が連覇を狙う。34年ぶりのベスト8進出。

 

 

第3試合

済美(愛媛)vs高知商(高知)

 

打撃戦・乱打戦になるかと思われた1戦はまさかの投手戦に。スコアボードには0が並ぶが5回に済美が先制。済美は7回に追加点。高知商も7回裏に1点追加で反撃の狼煙。9回裏2アウトからチャンスを作るも最後はレフトフライでゲームセット。四国対決を制した済美がベスト8進出。

 

 

第4試合

大阪桐蔭(北大阪)vs高岡商(富山)

 3−1

 

大阪桐蔭は横川が先発、5回までに9奪三振を奪う素晴らしいピッチング。対して高岡商の山田投手も大阪桐蔭打線相手に8回で11奪三振を奪う。とても素晴らしいと投手戦となったものの、少ないチャンスを活かした大阪桐蔭がベスト8進出だ。

 

 

可愛いチア集めてみました。56校全て出場したところまでのチアです!

よろしければどうぞw



 

 

 


スポンサーリンク

 



第13日目見所は!?

 

明日の試合でベスト8が出揃う。今日から再抽選となり、勝ち上がり次第抽選する事で相手がわからなくなっている。明日の4試合は今日の4校が引いて空いた場所に入ることになります。

 

第1試合

近江(滋賀)vs常葉大菊川(静岡)

 

第2試合

金足農(秋田)vs横浜(南神奈川)

 

第3試合

下関国際(山口)vs木更津総合(東千葉)

 

第4試合

日大三(西東京)vs龍谷大平安(京都)

 

 

第1試合には奈良間率いる常葉大菊川が登場。甲子園にきてからは9打数3安打と地方大会ほどの成績は残していないものの、益田東戦ではホームランを放つなど存在感は示している。

 

第2試合には2試合とも二桁奪三振を奪った金足農の吉田が再び登場。立ち上がりに不安はあるものの、勝ち越した後の8回裏以降のピッチングは脱帽もの。ギアチェンジができる素晴らしいピッチングに注目。対する横浜高校は打撃に定評がある。花咲徳栄戦でもビックイニングを作って逃げ切った。この戦いには注目したいですね。

 

第3試合には逆転勝ちしてきた下関国際。甲子園初勝利に続きベスト8を狙う。対する木更津総合はこれまでの2試合とも投打がしっかりと噛み合っている。打線は初戦で二桁得点、2試合目では興南を完封するなど隙のない試合をしている。下関国際の勢いか、木更津総合の安定感か。

 

第4試合には甲子園100勝を達成し、次の200勝にまた一歩近づいた龍谷大平安。対する日大三は初戦で16得点と大暴れ、奈良大付との試合も危なげなく勝利。甲子園にきて24得点もあげている打線には注意が必要だろう。

 

 

f:id:moritoki0829:20180816174215p:plain

 

さらに楽しみなベスト4をかけた試合になりそうですね。