100回記念大会甲子園第13日結果 金足農吉田3試合連続の二桁奪三振でベスト8 ベスト4への組み合わせは!?

f:id:moritoki0829:20180817173942p:plain

スポンサーリンク

 




 

100回記念大会甲子園

 

第13日目

 

第1試合

近江(滋賀)vs常葉大菊川(静岡)

9−4

 

近江2年生ピッチャーの林が常葉大菊川打線に5回まで10奪三振でノーヒットピッチング。また4番の北村が4打数4安打6打点と大暴れ。9回にリリーフで登板したエースナンバー1の金城が3点を失うも逃げ切った近江。今大会のダークホースではないだろうか!?

 

 

第2試合

金足農(秋田)vs横浜(南神奈川)

5−4

 

立ち上がりが良くない金足農吉田投手をせめて立て初回で2点を先制した横浜。しかし3回にエース吉田がホームランで同点とする。6、7回に追加点を奪った横浜だったが、8回裏にエース板川が金足農の高橋に逆転スリーランを浴びてしまう。そこでもう一段階ギアをあげた吉田は9回の横浜打線を3者三振でゲームセット。3試合連続で二桁奪三振を奪うナイスピッチングでベスト8に進出。東北初の悲願に吉田が導くか!?

 

 

第3試合

下関国際(山口)vs木更津総合(東千葉)

4−1

 

強力打線の木更津総合が、下関国際の鶴田を攻略できない。逆に下関国際はロースコアで戦ってきた力がここで発揮され木更津総合から4得点。8、9回にだめ押しで得点を加えたのが大きかった。花巻東、創志学園に勝った力は本物だ。甲子園初勝利から、わずか1週間で初のベスト8入りを果たした。

 

 

第4試合

日大三(西東京)vs龍谷大平安(京都)

 4−3

 

強力日大三打線に対し9奪三振を奪いながらも10被安打を受けた小寺が最後に死球に泣いた。8回裏二死満塁から痛恨の死球。ここで勝ち越しを許し、日大三は9回を3人で締めた。日大三は広沢と河村の継投が実った。2011年に優勝したい時以来のベスト8進出。

 

 

 

 


スポンサーリンク

 



第14日目 見所は!?

 

明日の4試合でベスト4が出揃う。

 

f:id:moritoki0829:20180817174409p:plain

 

第1試合

大阪桐蔭(北大阪)vs浦和学院(南埼玉)

 

第2試合

報徳学園(東兵庫)vs済美(愛媛)

 

第3試合

 日大三(西東京)vs下関国際(山口)

 

第4試合

金足農(秋田)vs近江(滋賀)

 

 

勝てばベスト4をかけた準々決勝。第1試合に登場するのは史上初の2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭。昨年仙台育英に負けた鬼門の3回戦を突破してここまできた。対する浦和学院はその仙台育英に初戦で4人の継投で完封リレー。3回戦では二松学舎大付に対しても渡邊の10奪三振を奪っての完封勝ちと夏の甲子園にきてまだ点数を取られていない。また打撃陣も2試合とも二桁安打と好調を維持。春夏連覇の大阪桐蔭か、昨年からの夏埼玉連覇の浦和学院か。

 

第2試合目には四国対決を制した済美が登場。2試合前には甲子園市場初となる逆転サヨナラ満塁ホームランで勝利してきている。高知商戦では乱打戦となるかと思えばしまった投手戦だった。投手の山口が被安打8浴びながら失点1と粘りのピッチング。対する報徳学園は3人の投手で継投で失点を少なく勝利してきた。こちらも締まった投手戦になりそうだが。

 

第3試合には甲子園初勝利から初優勝を狙う下関国際が登場。木更津総合打線をわずか1得点に抑えた鶴田にも注目したいところだ。対する日大三は甲子園100勝を上げた龍谷大平安を破ってのベスト8。4得点と少ないながらも二桁安打を放った日大三打線が繋がれば怖い存在だ。下関国際の鶴田がどれほど抑えられるかにも注目したい。

 

第4試合には3試合連続の二桁奪三振を記録した吉田が登場。エースとしても打者としても活躍した吉田を止めることができるだろうか。立ち上がりに不安を残すが終盤で金足農がリードしていれば吉田のギアチェンジが入る。対する近江は4本の矢で勝ち上がってきた。吉田投手に比べると疲労はかなり少ないだろう。今日先発した2年生の林は常葉大菊川打線を5回まで10奪三振に加えほぼパーフェクト。また4番の北村がかなり怖い存在だ。

 

 

これでベスト8が出揃いました。

明日でまた半分に減りますが、楽しみな試合ばかり。