100回記念大会甲子園第14日結果 金足農吉田4試合連続二桁奪三振サヨナラ勝ち ベスト4出揃う準決勝組み合わせは?

f:id:moritoki0829:20180818182339p:plain

スポンサーリンク

 




 

 

第1試合

大阪桐蔭(北大阪)vs浦和学院(南埼玉)

9−2

 

甲子園に来て2試合で無失点だった浦和学院から、今日先発を任された根尾がソロホームランでまずは1点。3回にも満塁で藤原内野安打で追加点。5回には浦和学院先発の渡辺の渾身の1球を上手く振り抜いてライトスタンドに叩き込み3−0。その裏、浦和学院は四球と盗塁、ヒットでチャンスを作りまずは1点を返す。その後もうワンヒットで1点を追加3−2。しかしその後浦和学院の継投策が裏目に出る。6回表に6点のビックイニングを作った大阪桐蔭は8、9回にも藤原、石川のソロホームランで1点ずつを追加。終わってみれば11−2で大阪桐蔭が圧勝でベスト4一番乗りを果たした。

 

 

第2試合

報徳学園(東兵庫)vs済美(愛媛)

2−3

 

済美はここまで全てに先発して来た山口に変えて池内が先発のマウンドに上がる。1回2回で済美、報徳学園が1点を取り合う。5回に済美が満塁から1点を勝ち越し。その裏からリリーフ登板した山口が強打者小園を三振に切って取りチャンスを潰す。9回表に1点を追加し2点差とした済美だったが、9回裏にチャンスを作られ1点を返される。なおも続く一、三類のピンチを山口が最後の一人を三振で閉める。ベスト4進出で次戦は大阪桐蔭との準決勝になる。

 

 

第3試合

 日大三(西東京)vs下関国際(山口)

3−2

 

下関国際先発の鶴田が日大三の強力打線に6回までノーヒットピッチング。2回下関国際は制球が定まらない中村に満塁からタイムリーヒット。6回にも3回から投げている河村を攻め、鶴田が追加点を加える。しかし8回裏に下位打線から繋がり、ノーアウト二、三塁。代打高木が送られタイムリーヒットで追いつく。その後送りバント、セカンドゴロで二死三塁としバッターは日置。ファースト強襲でタイムリーヒット勝ち越し。9回、下関国際はツーアウトながら2塁で一打同点のチャンス。しかし河村の球にバットは空を切り三振。見事な逆転劇で日大三が準決勝進出。

 

 

第4試合

金足農(秋田)vs近江(滋賀)

 3−2

 

金足農の先発吉田はいつも不安な立ち上がりはよかったものの、4回に味方のエラーからチャンスを広げられタイムリーで先制を許してしまう。しかし5回にスリーベースヒットでチャンスを作りスクイズで同点とした。しかしその直後の6回にはヒットでチャンスを作られまた勝ち越されてしまう。9回裏連続ヒットでチャンスとファーボールでノーアウト満塁となる。そこからスクイズで同点!からの2塁走者も生還で劇的な逆転サヨナラ勝ち。



 

 


スポンサーリンク

 



準決勝

 

第1試合

金足農(秋田)vs日大三(西東京)

 

第2試合

済美(愛媛)vs大阪桐蔭(北大阪)

 

f:id:moritoki0829:20180818184229p:plain

 

 

明日一日休養日を置いて明後日月曜日に準決勝が行われる。