高校日本代表U18根尾、藤原、吉田、奈良間、日置、小園らが選出

f:id:moritoki0829:20180821203333p:plain

スポンサーリンク

 




 

 

 

投手

 

吉田輝星(秋田・金足農・3年)

 

渡辺勇太郎(埼玉・浦和学院・3年)

 

野尻幸輝(千葉・木更津総合・3年)

 

板川佳矢(神奈川・横浜・3年)

 

山田龍聖(富山・高岡商・3年)

 

柿木蓮(大阪・大阪桐蔭・3年)

 

市川悠太(高知・明徳義塾・3年)

 

奥川恭伸(石川・星稜・2年)

 

 

捕手

 

根来龍真(静岡・常葉大菊川・3年)

 

小泉航平(大阪・大阪桐蔭・3年)

 

 

内野手

 

日置航(東京・日大三・3年)

 

奈良間大己(静岡・常葉大菊川・3年)

 

中川卓也(大阪・大阪桐蔭・3年)

 

根尾昂(大阪・大阪桐蔭・3年)

 

小園海斗(兵庫・報徳学園・3年)

 

 

外野手

 

蛭間拓哉(埼玉・浦和学院・3年)

 

藤原恭大(大阪・大阪桐蔭・3年)

 

峯圭汰(長崎・創成館・3年)



 


スポンサーリンク

 



毎年甲子園が終わると、高校日本代表が選出されます。もちろん甲子園で活躍した選手もそうですが、地方大会で散っていった選手たちもここに選ばれることがありますね。

 

もちろんここでの活躍も秋のドラフトに大きく関わってくるでしょう。

 

選ばれたメンバーを見てみましょう。

 

今大会ナンバー1投手と言われた秋田・金足農の吉田輝星投手。もちろんここには選出されますね。大阪桐蔭打線には打たれたものの、その前の2試合では防御率0とした埼玉・浦和学院の渡辺投手。金足農に負けてしまった神奈川・横浜の板川投手、100回記念大会優勝投手となった大阪・大阪桐蔭の柿木投手など。大阪桐蔭を甲子園で一番苦しめた富山・高岡商の山田投手も気になるところ。

 

 

内野手には、東京・日大三の主将日置や、静岡・常葉大菊川の主将奈良間、大阪・大阪桐蔭主将中川など主将陣が選出された。奈良間は地方大会では打率8割を超えるバッティングセンスの持ち主。またこの二人で二遊間をやれば抜ける球があるのかと気になる兵庫・報徳学園の小園と大阪・大阪桐蔭の根尾。二人ともバッティングにも光るものがある。

 

外野手には大阪・大阪桐蔭の藤原、浦和学院の蛭間、1回戦で敗退してしまった創成館の峯が選出された。言わずもがな強肩の藤原は王者の4番を打っていた強打者。

 

優勝校・大阪桐蔭から5人も選出されましたね。今年の日本代表は最強じゃないかと思ってしまう。大阪桐蔭でクリーンナップが組めてしまいますもんね笑国際試合も楽しみです。