平成最後のセンバツ高校野球 トーナメント表 初日の組み合わせ見所

f:id:moritoki0829:20190323103057p:plain



スポンサーリンク

 




 

大阪桐蔭の史上初の2度目の春夏連覇で終了した平成最後の夏の甲子園。

秋田の全員秋田出身、カナノウ旋風が懐かしく思える。

今日、始まる本当に平成最後となる甲子園大会。

各地区の代表校が32校選ばれた。

 

f:id:moritoki0829:20190323103254p:plain

 

北海道 2校

青森

茨城

千葉

埼玉

東京

神奈川 2校

石川

福井

山梨

愛知

三重

大阪

京都 2校

和歌山 2校

鳥取

兵庫

広島 2校

愛媛

香川

高知

福岡

大分 2校

熊本

宮崎

 

 




スポンサーリンク

 



センバツ高校野球

第1日目

第1試合

呉(広島)vs市和歌山(和歌山)

 

第2試合

高松商(香川)vs春日部共栄(埼玉)

 

第3試合

履正社(大阪)vs星稜(石川)

 

 

 

秋の神宮大会準優勝校の星稜高校が今日の第3試合で早くも登場。相手は大阪の履正社。その履正社は昨夏の甲子園出場はならなかったものの、史上初2度目の春夏連覇を成し遂げた大阪桐蔭を一番追い込んだのは奇しくも履正社だった。その新チームで挑む初めての甲子園。神宮大会準優勝校相手にどんな試合をするのかが楽しみ。また神宮大会準優勝校の星稜高校。投手のエース奥川を筆頭に守備から攻撃に勢いをつけたいところだ。

 

昨年の大阪桐蔭のような絶対的本命がいない中でのセンバツ高校野球大会。今年はどのチームが栄冠を手に入れ、夏の甲子園に向かっていくのだろうか?

 

今から楽しみでしかない。